26
2019
08

人々がもはや天文学に言及しないとき、彼らは時計を持っています。

 

早い時期に、人間は月の動きに応じて時間の変化を記録しました。月の満月はまた、一年の異なる期間を表すために特定の名前で命名されました。モンブランは豊かな想像力と詩的な感情でそれに触発されました毎月の表示機能は排他的な名前に基づいており、その高度な複雑な機能の動きの研究開発センター-Villeret時計工場の最高の研究開発と時計製造プロセスに依存して、新しいBaoyu Yueyuanシリーズムーンフェイズ時計を作成します。

非常に洗練された複雑な機能としての永久カレンダーは、時間の起源に密接に関連しています。 1875年に時計工場が設立されてから、オーデマピゲの創設者の1人であるジュールルイスオーデマは、見習いの終わりに永久カレンダー懐中時計を製作しました。時計製造の歴史は素晴らしい始まりを刻みました。 1921年、オーデマピゲは、プラチナと18Kイエローゴールドで作られた非常に珍しい枕型の懐中時計を発売し、文字盤は独特の黒いアラビア数字で装飾され、装飾芸術の芸術を際立たせています。 1955年、オーデマピゲはRef。 5516パーペチュアルカレンダーウォッチシリーズは、毎年表示される時計と時計の歴史の中で最初のパーペチュアルカレンダーウォッチになりました。 1978年、クオーツ危機の中で、キャリバー2120/2800の自動巻きムーブメントが誕生しました。これにより、オーデマーズパイオニアが上流に進出し、オーデマピゲの独立した機械式時計業界での地位と業績が強化されました。 1984年、オーデマピゲは、ロイヤルオークウォッチの自動巻きムーブメントキャリバー2120/2800を初めて発表し、超薄型の自動巻きパーペチュアルカレンダーを初めて発表しました。今日、ロイヤルオークパーペチュアルカレンダーが登場し、伝説を書き続けます。

26
2019
08

スマートウォッチの方向は静かに変化しています

 

Liuの個人的な判断といくつかの製品のデザイン機能から判断すると、Appleはデザイナーの指導者および模造品になっていなかったようです。
まず、差別化された競争が激化しています。一部の人々が言ったように、スマートウォッチの本当の敵は伝統的な時計会社であり、スウォッチ、タグ・ホイヤーなどがスマートウォッチ業界への参入を発表しています。言い換えれば、スマートウォッチ機能の時代はもはや存在せず、各家族は、MOTO 360のデザインスタイルへのこだわりなど、スマートウォッチの普及前に独自のスタイルを形成する必要があり、Samsung Gear S2は機能的な好みから外観の革新に徐々に変化します。 。現在の観点から見ると、スマートウォッチは、携帯電話のような「動きの速い製品」のようなものではありません。一部の製品の熱い販売は、スマートウォッチの市場への扉を開くだけで、長い間ユーザートレーニングの段階にとどまります。将来的に場所を持ちたいウォッチャーは、独自の製品スタイルを形成する必要があります。より多くの製品がストラップに取り組んでおり、スマートウォッチの差別化された競争が始まったばかりです。

26
2019
08

MOTO 360 II:黒い面はまだブティックです

 おそらく、MOTO 360の第1世代に対するGoogleの賞賛のために、メディアは十分な花と拍手を送り、かつて最も人気のあるAndroidスマートウォッチになりましたが、実際の販売はApple Watchに匹敵することはまだ困難です。 MOTO 360の第2世代は、前世代のデザインスタイル、特に唾の底の黒いエッジを拡張しました。 ただし、MOTO 360の第2世代では、よりパーソナライズされたファッション要素が追加され、Apple Watchの42mmと46mmのサイズをエミュレートするだけでなく、300以上のマッチングスキームでより多くのストラップスタイルを提供します。 Liu Weiは、MOTO 360の第2世代はまだブティックであると考えていますが、Googleの影で、LenovoはMOTO 360が次のNexusになることを避けることができますか?

23
2019
08

天才的で並外れた科学者に捧げる叙情詩「UR-105 CT ”MAVERICK”」

 

UR-105 CT ”Maverick /マーべリック≫ は、ウルベルクが作ったUR-105 CTの最新の派生モデルです。 このブロンズとチタンで製作されたこのモデルは、非難されたアーティスト、常軌を逸しながらも天才的な発明家、創意豊かだが不器用なクリエーター達のために捧げられます。この作品は真っ白なキャンバスや粘土のような素材であり、そこに私たちの生き様を刻み込んでいくのです。なぜならこの”Maverick” は命の吹き込まれたタイムピースだからです。過ぎ行く時間と共に跡を残し、美しくなっていく堂々とした外観 を持っています。外気、湿気、人生の様々な出来事など、外部からの影響/攻撃を受け、そこから唯一無二の美しさを作り上げます。これらのしるしがこのタイムピースの特徴となり、色、テクスチャ、そしてフォルムまでもが、この時計のオーナーによってオーナーのために形作られていくのです。

23
2019
08

卓越したクラフトマンシップ「インサイトマイクロローター・レディー・オパール」

 

インサイトマイクロローター・レディー・オパールはレディースの高級時計であり、豊かな色彩、輝き、そして卓越したクラフトマンシップを体現したモデルです。

  時、分の文字盤、スモールセコンドの文字盤、地板のカバーは、熟練の職人による手作業で仕上げられたオーストラリア産のクリスタルオパールが使われています。クリスタルオパールは遊色効果により、ピンク、グリーン、パープル、ターコイズと様々な色彩を放ちます。

23
2019
08

ファーブル・ルーバのモデルでストラップの選択が可能に

 

ファーブル・ルーバの281年目は、様々な時計にまつわるストーリーが日本から生まれました。
 日本人アンバサダーのフリーダイビング世界記録樹立、日本人サラリーマンのエベレスト登頂、東京ヤクルトスワローズの躍進。
 そして、仮面ライダー最新作『仮面ライダージオウ』の主人公が着用する時計にも選ばれました。

  多くのストーリーを提供する一方で、時計愛好家のニーズに対応するプロダクトの発展にも務めてきました。
 今回発表されるNATOストラップ、レザーストラップのモデルや、新しいオプションはその象徴と言えます。

22
2019
08

新作 グランギシェを組み込んだリミテッドエディション「トノウ カーベックス グランギシェ」

創業25年目から少量限定で製作されるトノウ カーベックスのアーカイブモデル=オリジナルシェイプ“2851”に、"グランギシェ"(ビッグデイト)を組み込んだリミテッドエディションです。2000年に同様の機能を備えたモデル“LIMITED2000”を彷彿とさせますが、今回発表されたモデルとの違いは、ビックデイトのレイアウト位置やビザン数字の大きさ、秒針の変更など様々な部分でマイナーチェンジが施されており、クラシックラインのファンをうらなせる限定モデルとなっています。

22
2019
08

2019新作 映画のような非現実的な時の世界を描く「ヴァンガード レディ クレイジー アワーズ」

映画のような非現実的な時の世界を描く「ヴァンガード レディ クレイジー アワーズ」。リッチな曲線と多彩なカラーリングで新時代のラグジュアリーを先導する「ヴァンガード レディ」に、レディースウォッチとして初となる、「クレイジー アワーズ」の哲学が加わりました。

 ランダムな数字の間を針がジャンプし、時間は規則的に進むという固定概念から人々を開放するこの機械式時計は、2003年の登場以来人々に驚きと刺激を授けてきました。そして、2019年の新作は、「ヴァンガード レディ クレイジー アワーズ」が持つ“時への反逆”ともいえる変革のメッセージで、現実と非現実を重ね合わせています。 大ぶりながらも手元にフィットする流麗なケース、ラバーとクロコダイルの異素材を混合したストラップ、色彩豊かなカラーリングなど、デティルに至るまで追及されたヴァカンスウォッチを身にまとえば、日常からの開放をおおいに楽しむ、最高に豊かな時間を叶えることでしょう。

22
2019
08

2019新作 旅の思い出など“過去の時”を慈しむ。特別に製作されたダイアルカラー「カサブランカ 25th」

カサブランカのイメージコンセプトは、1920年~40年代のアールデコと当時ヨーロッパの高級避寒地であり貴族階級の人々がバカンスで訪れるフランス領モロッコ最大の都市"カサブランカ"を源泉としています。北アフリカの紺碧の空、赤茶けた砂岩、大自然の厳しさ、圧倒的な存在感。またアールデコに湧きかえっていた1900年代初頭の欧米、欧州の裕福な都市生活者が夢見たエキゾチシズムも感じさせます。20世紀初頭のエレガンスや価値観そして刺激が融合したロマンチシズムは、人をカサブランカへの旅の想いに掻き立てることでしょう。

22
2019
08

古典的な文字盤装飾とカレンダー機構の合わせ技が魅力

 

シンプルデザインが人気のカジュアルウオッチ界のなかで、孤高のクラシックスタイルを貫いて着実に支持を高めているロータリー。イギリスで最も愛用されるデイリーユースの時計ブランドとしても知られる実力派ブランドなのだが、今季の新作“ウィンザー トリプルカレンダームーンフェイズ”でもそのスタイルを貫き、往年のアンティークウオッチを思わせる古典的な佇まいを実現している。

トリプルカレンダームーンフェイズは、月、曜日、日に加えて月齢を表示する伝統的なカレンダー機構。1950年代~60年代にはモバードをはじめとするブランドが製作していたが、近年は採用するブランドが少なくなっており、そのクラシックな佇まいが逆に新鮮さを感じさせる。

22
2019
08

船平がレビュー、FOSSIL(フォッシル)の新作“スポーツ スマートウォッチ”

アメリカンクラシックをベースに、ファッション性の高いコレクションを展開してきたフォッシル。ここ最近、力を入れているのがスマートウオッチコレクションだ。

一般的にスマートウオッチは、デジタルガジェット感が強くなりがちだが、フォッシルの場合は、スマートウオッチの便利な機能を搭載しつつ、ファッションアイテムとして着けやすいスタイルなのも大きな魅力。

最新モデルでは、ストレスのない軽さとカラーバリエーションの豊富な“スポーツ スマートウォッチ”を発売しており、軽い着け心地とシャイニーな質感が特徴のアルミニウムケースとストラップのトーンを合わせたカラフルなデザインで腕元に軽快なアクセントをプラスしてくれる。

22
2019
08

大胆なロゴデザインとカラフルな色使いが特徴

 

ファッショントレンドを牽引するプレミアム・カジュアル・ブランド、ディーゼル。エッジの効いたモデルでユーザーを驚かせてきたウオッチラインで今季のテーマとなったのは、1990年代のスポーツカジュアルスタイルだ。

“90sスポーツ”というコレクション名が象徴しているように、当時のウオッチトレンドを象徴するデジタル表示の大型ディスプレイに加え、スポーツアイテムを取り入れたストリートカジュアルテイストのデザインが特徴。大流行した当時の雰囲気を彷彿とさせるカラフルな色使いや、大胆なロゴデザインが個性を主張する。

21
2019
08

腕時計に使用されたミネルバの初代キャリバー17.29をベースにおり

 

また、オリジナルと同じく、50 mmと一般より大きめなサイズのケースはサテン仕上げのチタン製、フランク部分にはローレット加工とDLCコーティング加工が施されており、こちらも数字上のサイズ感とは異なり、自然と腕に収まる仕上げとなっている。このモデルは、腕時計、ポケットウォッチ、ダッシュボードクロックと様々な使い方ができ、多様な時の楽しみ方が味わえるところも魅力的だ。ストラップのアタッチメントをケースの下に畳み込み、ケースを180°(3時から9時へ)回転させるだけで懐中時計になる。懐中時計はケースの下に2本の脚が付いているのでテーブルに置くことも、安全なハンドル代わりのストラップが付いたストップウォッチとして使用することもできる。さらには、レザーで覆ったメタルのプレートにはめて愛車のダッシュボードに取り付けることも可能なのだ。タイムピースを裏返してもこだわりのディテールは続き、車のグリルの形をしたケースバックから、美しいマニュファクチュールの手巻きモノプッシャークロノグラフキャリバーMB M16.29が見える。このキャリバーは、1930年代に開発され、懐中時計や腕時計に使用されたミネルバの初代キャリバー17.29をベースにおり、そのマルチユース性や随所に施された100年の時の重みを細部にわたるまで味わうことができる点など、持ち主の満足感をあらゆる角度から刺激し続けてくれる逸品であることは間違いない。

21
2019
08

中央にミネルバの矢型に成形されたレッドのクロノグラフ秒針盤

 「スピードの極限まで計測する」というモーターレース自体の記録の精確性を再現、進化させたのが、「モンブラン タイムウォーカー クロノグラフ 1000 リミテッドエディション 18」であるならば、「モーターレーサー達の真剣勝負」に焦点を当てたものが「モンブラン タイムウォーカー クロノグラフ ラリータイマーカウンター リミテッドエディション 100」であろう。搭載されているモノプッシャークロノグラフ付き自社開発キャリバーは、1930年代に開発されたミネルバのオリジナルのキャリバーから着想を得たもので、ミネルバが製作したすべてのキャリバー同様、ムーブメントの部品のひとつはギリシャ神話の女神、ミネルバの持つ矢のかたちに成形されている。当時の職人技は面取り角度やコート・ド・ジュネーブ加工、ペルラージュ加工等、細部にわたるまで、往年のミネルバの時計職人達の息遣いを100年を経た2017年のこのモデルにも息づかせている。クロノグラフの30分カウンターを12時位置に置き、反対側の6時位置に縦に整合するようスモールセコンドのサブダイヤルが配置されている点や、中央にミネルバの矢型に成形されたレッドのクロノグラフ秒針盤、その周囲には特定の距離に対する速度を計測するタキメーターの目盛りが巡らされている点、クラシックなアラビア数字、5分毎にレッドでアクセントをつけた分表示等もオリジナルのタイムラリーに倣ったものである。

21
2019
08

ミネルバのヴィンテージのストップウォッチ同様

そんなミネルバの歴史を内包し、かつ、進化を遂げた形で我々の目の前に姿を現したのが最初に紹介する「モンブラン タイムウォーカー クロノグラフ 1000 リミテッドエディション 18」だ。このモデルの特徴はなんといっても、ミネルバが誇った100分の1秒という、実感さえ難しいごくわずかな時の進みをさらに押し進め、当時の10倍の精確性を誇る、1000分の1秒を計測するクロノグラフを生み出したことだ。その自社開発キャリバーには、7時位置の18,000振動/時(2.5Hz)の時刻表示用のものと、10時位置の360,000振動/時(50Hz)のクロノグラフ用のものとの、2つのバランステンプが組み込まれていて、1000分の1の計時に必要とされる理論上の周波数である500Hzは、50Hzのクロノグラフ用のバランステンプと、1秒に10回転し100分の1秒をさらに10分割する「モビル・ド・ミリエム」機構を組み合わせることで実現している。ミネルバのヴィンテージのストップウォッチ同様、クロノグラフ用のモノプッシャーは12時位置にセット。スピードメーターを思わせる12時位置に配置された1/1000分の1秒インジケーターや燃料表示計を彷彿とさせるクロノグラフパワーリザーブ、ローレット加工を施したリューズ、レッドカラーのガスケット、レッドライン入りのホールやスティッチ付きブラックアリゲーターストラップ等、往年のモーターレースで覇を競ったクラシックカーの美学にインスピレーションを得たデザインを盛り込んでいる。ケースは46.4mmと大振りに見えるが実際腕に乗せるとその大きさを感じさせないフィット感があり、ケース素材も軽量で堅牢なブラックDLC加工サテン仕上げのチタン製を採用することで重さも気にさせない繊細な心配りがモンブランらしい配慮だといえるだろう。

20
2019
08

計測はシンプルに、正確に・・・60分積算計を搭載したバイコンパックス・クロノグラフ

クロノグラフのモデル「936」は、テギメント加工により耐傷性を高めたステンレススチール製ケースと、ロレックスコピー高い耐磁性を実現するマグネチック・フィールド・プロテクションを備えた信頼性の高い計測機器です。このクロノグラフを特徴づけるものは、バイコンパックス配置の明快で高い視認性を追求したダイヤルの設計にほかなりません。このモデルに搭載されるクロノグラフムーブメントSZ05は、Valjoux7750をベースにジンで再設計したキャリバーで、3時位置の60分積算計と9時位置の永久秒針にフォーカスしています。60分積算計の利点は、従来の30分積算計において必要とされる二周で一時間という積算をする必要がなく、60分が針の一回転で計測できる点です。このモデルではクロノグラフに関わる針を赤にしているので、左右どちらも60の目盛りを持ったカウンターですが、どちらを計測するべきかが即座にわかります。時・分針とインデックスには夜光処理が施されているため、暗所での視認性も確保されています。さらに10気圧の防水性能と負圧耐性も備えています。

20
2019
08

80,000A/mの耐磁性能を備えた計器ウォッチが発売開始となりました

時・分・秒表示と日付表示を装備したモデル「836」は、腕時計スーパーコピー時計としての必要最小限の機能に焦点をあて、高い視認性を誇り、10.6mmというケース厚により、快適な着け心地を実現したモデルです。時・分針とインデックスには夜光処理が施されているため、暗所での視認性も確保されています。さらに、セラミックスと同等の硬度を実現するテギメント処理を施したステンレススチール製ケースと、マグネチック・フィールド・プロテクションにより80,000A/mという高い耐磁性能を備えています。防水性能は10気圧。負圧耐性により高い高度でも精度を保証します。

20
2019
08

特許取得のストップセコンド搭載トウールビョンの特徴

一般的にストップセコンド機能が付いたガガミラノスーパーコピー腕時計はよくあります。でも、トウールビョンに搭載されることは長年 ありませんでした。理由は、常に回転するトウールビョンケージ内のテンプを止めることは技術的に不可能とされていたからです。しかしA.ランゲ&ゾーネは不可能を可能にしました。 リューズを引くと‘‘ハックレバー“ と呼ばれるV 字型のバネを携えたレバーが作動しますo V を構成する2 つのアームの一方がケージの3 つの支柱のひとつに接触、もう1 つのアームがテンプに接触し、トクールビョンの回転を停止させます。さらに、r1815 トウールビョン」ではストップセコンド機構のハックレバーがゼロリセット機構と連結して、トウールビョンケージの停止とあわせて秒針がクロノグラフのように瞬時にゼロ位置に戻ります。これによって、 秒単位での時刻合わせが容易になります。