03
2020
12

AudemarsPiguetの新しいコード11.59シリーズクロノグラフの新しい解釈

 今年、Audemars Piguetは従来の美的デザインを覆し、新しいCODE 11.59シリーズを発売し、ブランドの時計の歴史に新しいページを開きました。 このシリーズは、Audemars Piguetが男性と女性の両方に適した時計シリーズを発売したのも初めてです。最新世代の6つのAudemars Piguet社内キャリバーを搭載し、強力なデザインの緊張と対照的な美しさを組み合わせ、伝統を打ち破り、新しいケースを作成します。 モデリング。 次に、コード11.59シリーズの新しいクロノグラフを例として取り上げます。

03
2020
12

テイスティングイエーガー-ルクール超薄型マスターシリーズトゥールビヨンエナメルウォッチ

 トゥールビヨンは、ハイエンドの時計製造業界における3つの大きな問題の1つです。極薄のケースにトゥールビロンフレームを取り付けるには、強力な技術力が必要です。同様に、エナメルとギロチンは卓越性を追求する伝統的な工芸品であり、仕上げ工程で間違いを犯してはなりません。 、時計に独特の魅力を与えることもできます。 2019 Geneva International Haute Horlogerie Exhibitionで、Jaeger-LeCoultreはMaster Ultra Thin Tourbillonエナメルウォッチ(モデル:Q13234E1)を発売しました。

03
2020
12

イエーガー-ルクールデートシリーズムーンフェイズウォッチステンレススチール

 ムーンフェイズディスプレイは最も詩的な合併症であり、女性の気質を最もよく反映することができます。 Jaeger-LeCoultreのマスターウォッチメーカーとジュエリー職人は、創造的なインスピレーションを揺るがし、職人技とテクノロジーの卓越性を追求し続けています。2019年ジュネーブ国際高級ホルモン展では、新しいデートシリーズのムーンフェイズウォッチステンレススチールモデル(モデル:Q3578430)を発表しました。

01
2020
12

ブヘラヘリテージシリーズ年間カレンダー2枚組ステンレススチールローズゴールドクロノグラフ

Bucherer Heritage Collectionは2018年に発売されました。これは、ブランドの130周年記念のひとつであり、独自の長い時計製造の伝統へのオマージュです。 バーゼルワールド2019で、Buchererはヘリテージシリーズの年間カレンダー2ディスクステンレススチールローズゴールドクロノグラフ(モデル:00.10803.07.42.01)を発売しました。 この時計は、クロノグラフ、大きな日付、年間カレンダーの機能を統合し、クラシックなデュアルクロノグラフダイヤルデザインを採用し、1950年代の現代的なエレガンスをローズシャンパンゴールドトーンで解釈します。 

01
2020
12

オリスの新しいクリーンオーシャン限定版時計が輝く

今回のバーゼルウォッチフェアでは、さまざまなブランドがさまざまなスタイルの時計を披露し、誰もが楽しめる時計を展示しています。中でも、このオリスの時計は特に目を引くものであり、それだけでなく、誰もが楽しめる時計です。 外観のデザインですが、その背後にある海を守る力です。このユニークなオリスクリーンオーシャン限定版の時計を見てみましょう。 

01
2020
12

今年のBuchererの新しいダイビングウォッチは夏の味わいに溢れています

ダイビングウォッチは常にウォッチフレンドに愛されてきました。今年のバーゼルウォッチフェアで、Buchererは4つの異なる色のラバーストラップを備えた新しいレディースダイビングウォッチ-Blavyディープダイビングレディースウォッチを発売しました。 シーブルー、パームグリーン、サンドピンク、サンセットコーラルの色。明るいキャンディーのような色は、初夏の雰囲気に満ちたビーチホリデーによく見られる海、緑の木々、細かい砂、夕日の色に対応しています。 今年、Buchererの女性用ダイビングウォッチは、外観とパフォーマンスの点でまったく新しい体験を提供してくれました。見てみましょう。 

19
2020
11

2019チューダーは本格的なレプリカ時計を発売

 今年のバーゼルウォッチフェアで、チューダー(チューダー)はブラックベイP01(ブラックベイP01)ウォッチを発売しました。そのデザインは1960年代後半に着想を得ました。チューダーは米軍のダイビングプログラムのために特別に開発されました。 伝説の時計-チューダービワンP01時計、チューダーはその壮大な歴史の中であまり知られていないページを開きます。

19
2020
11

海を渡るコンパニオン、最も完璧な世界のタイムウォッチ

 2019年、IWCは、この伝説的な英国の戦闘機の優れたデザインスキルに敬意を表して、新しいSpitfireシリーズの時計を壮大に発売しました。 このシリーズのすべての時計は、シンプルでエレガントなデザインのIWC製ムーブメントを備えています。 その中で、このスピットファイアパイロットのワールドタイムゾーン限定版ウォッチは、パイロットのスティーブボールトビーブルックスとマットを支援するために「シルバースピットファイア-最長飛行」プロジェクトのために特別に作成されています スピットファイアで世界中を飛び回るジョーンズ。 この時計の独自性を詳しく見てみましょう。

19
2020
11

今年の「グリーングレネード」パテックフィリップの新しいアクアノートシリーズウォッチをご覧ください

 今年のバーゼルウォッチフェアでは、パテックフィリップアクアノートシリーズ(PATEK PHILIPPE)が、手首の時計のダイナミックでファッショナブルな魅力を表現するために、新しい色の新しい「ジャンボ」ウォッチを発売しました。 大胆なカーキグリーンの配色は、探検への憧れの精神を示すだけでなく、パテックフィリップのスポーツウォッチの気質を際立たせるエレガントで洗練されたものです。 以下、この時計を一緒に鑑賞しましょう。

18
2020
11

空を突破して味わうジラール-ペレゴー1966スカイウォーカー

 今年、Girard-Perregauxは「スカイウォーカー」をテーマとして、宇宙の計り知れない秘密から無限のインスピレーションを引き出し、1966シリーズなどの新しい時計に取り入れました。 ジラール・ペレゴーの最も代表的なモデルとして、1966シリーズは第一世代のポケットウォッチの円形を利用し、滑らかな時計ラインを備え、都会のエレガントな人々に時計を提供します。 今年の1966シリーズの新時計は、「スカイウォーカー」をテーマにしたクラシックなデザインと、この新作を際立たせています。 次に一緒に楽しみましょう。

18
2020
11

この将来のパイオニア作品はどのように見事に提示されますか?

 今日市場に出回っている人気の時計の中には、特に一般の人々に人気のあるものがありますが、その外観とインテリアに特別なことは何もありません。スイスの時計ブランドZENITHの時計は常に 優れた職人技と高度な外観デザインで知られ、現代のパイオニアテクノロジーのトップジャンルになりました。 その中でも、2017年に発売されたDefy Labyの時計を例にとると、市場に出るとすぐに世界に衝撃を与え、機械時計の分野で革新的な技術を駆使した「単結晶シリコンオシレーター(Zhen Li Shizhen )」、伝統的な時計製造のコアオペレーションを変更し、スイスの時計製造の将来の伝説を作成しました。

18
2020
11

大胆でトレンディ、ただ話すことはありません

 女性用の時計のデザインスタイルがあれば、それを見ると優しいジャオエを思い出させるでしょう。そして、比較的言えば、この手首を見ることができるという別のスタイルの魅力があります。 時計は、現代の都会の女性のエネルギッシュで情熱的な反対側について考えます。 スイスミドウォッチは、女性の大胆でトレンディな姿勢をとらえ、オレンジブラウンのタイガーアイウォッチを搭載したベレンセレステシリーズ「スパークリング」ロングキネティックエナジーレディースウォッチを特別発売。 ダイナミックなホイは、現代の都会の女性の熱狂的な心にフィットします。

17
2020
11

オールパーパス(万能)モデルとして進化したクロノマット

航空時計のクロノマットは、1990年前後、陸や海でも人気を博していた。タキメーターはF1チームの興味を引き、15と45を入れ替えできるライダータブはレガッタに最適だった。そんな歴史的な多用途性を引き出し、ついにオールパーパスな新生クロノマットが誕生したのである。

ブライトリングファンが多く、目の肥えた時計愛好家が多い日本市場に向けては、世界のファンが羨むような日本限定仕様の新クロノマットが用意された。スイス本社がいかに日本のマーケットを重視しているかの証拠ともいえる。

 

17
2020
11

重量感あふれる48mmケースに超絶スペックを搭載

「シースター 1000 プロフェッショナル リミテッドエディション」Ref.T120.614.11.041.00 27万2800円(予価)/自動巻き(Cal.バルジューA05.H21)、毎時2万8800振動、60時間パワーリザーブ。ステンレススチールケース(セラミックベゼル)&ブレスレット(交換用ラバーストラップが付属)。直径48mm(厚さ17.9mm)。300m防水。世界限定1000本。11月発売予定

オリジナルモデルから65年を超える時を経て登場する、プロダイバー向けの自動巻きダイバーズ。潜水時計の国際規格ISO6425に準拠した300m防水で、特許を取得した飽和潜水対応のヘリウムガス排出バルブやベゼルロックシステムを搭載する。

17
2020
11

スモールセコンド部に誉れ高いブルーインパルスのロゴ

フォルティス「638ブルーインパルス」Ref.638.10.11M.BI 39万6000円/自動巻き(Cal.Valjoux7750)、毎時2万8800振動、42時間パワーリザーブ。ステンレススチールケース&ブレスレット(交換用コーデュラナイロンストラップが付属)、両面無反射サファイアクリスタル風防。直径42mm(厚さ16mm)。20気圧防水。日本限定50本
クロノグラフバージョンは、フォルティスのフラッグシップモデルである「オフィシャル・コスモノート・クロノグラフ」がベース。シリンダー型ケースは耐衝撃性を考慮したもので堅牢性な作りになっており、ここに自動巻きクロノグラフの名機、バルジュー7750を搭載する。ダブルパッキンシステムにより、非ねじ込み式のリューズとプッシュボタンながら高防水スペックを実現。計測カウンターは30分積算計と12時間積算計で、3時位置に曜日と日付の表示、スモールスモールセコンド針の下にブルーインパルスロゴをあしらった。

16
2020
11

スポーティなブランドイメージを大胆に表現

ポロは世界で最も古い歴史を持つスポーツ競技。そのプレーヤーの絵画的なレンダリングがあしらわれたラルフ ローレンのアイコニックなデザインは、もはや全世界に知れ渡っている。このモチーフを、こだわりの色合いに加工した文字盤に複数の色層で3Dプリントしたのが、新作「ラルフ ローレン ポロ ウォッチ コレクション」の最大の特徴といえる。

ラルフ ローレン伝統の色調を再現したグリーンダイアルのほか、クラシックなネイビーダイアル、オーソドックスなブラックダイアルの3タイプが基本で、いずれも高品質なラッカー仕上げで格調ある風合いを実現。なおブラックダイアルモデルは、同色のサンドブラスト加工ケースも用意されている。

16
2020
11

ラルフ ローレン固有の魅力を腕時計に反映

アイビーリーグクラシックス、イングリッシュハバダシャリー、ダウンタウンスタイル、アメリカンスポーツルックといったキーワードに適うラルフ ローレンは、1967年にラルフ・ローレン氏が立ち上げた「Polo」というブランドをルーツとする。2008年には「ラルフ ローレン ウォッチーズ&ファインジュエリー」が創設され、時計市場に本格参入した。

ちなみに「Polo」のネーミングは、国際的な感覚を持ち、スタイリッシュかつスポーティなアイテムを展開してゆくという思いが込められており、これまでに数々のライフスタイルグッズが世に送り出されてきた。そこに、今回発表された「ラルフ ローレン ポロ ウォッチ コレクション」が加わることになる。

16
2020
11

オリスらしい伝統的エアレースへの賛美

リノ エアレースとは、1964年に始まり、現在まで継続して開催されている歴史的な航空レースで、世界最速を誇る空のモータースポーツのひとつとして知られている。残念ながら今年は新型コロナウイルス感染症の広がりによってキャンセルになったが、パートナーを務めるオリスは次回の開催を願うタイムピースとして「オリス 第57回リノ エアレース リミテッドエディション」を製作した。

本機は、空をコンセプトにしたプロフェッショナルモデル「ビッグクラウン プロパイロット」をベースに、スタイリッシュな漆黒のデザインを採用している。グレーPVDコーティングのステンレススチールケース、ひっぱりに強いテキスタイルストラップ(グレーPVD加工のステンレススチール製フォールディングクラスプ付き)、太陽光の反射を抑えるマットなダイアルなど、ブラックにこだわりつつ、リノ エアレースと大空からインスパイアされたブルーをアクセントとして選んだ。